• 日本
  • 2016.07.29
  • 285

JCIグローバルパートナーシップサミット3日目

【2016年度JCIグローバルパートナーシップサミット 3日目】

 

 現地時間27日(水)9時45分より国連本部会議室1にて「平和の実現」をテーマに

対話型セッションが行われました。

 

 

電子取引テクノロジー Credit Suisse グローバルコミュニケーションマネージャーの

ヘザー・チャン氏、Dare2Lead 創設者兼CEOのジョン・ラフトン氏により、

平和の定義を深く探求し、自分の住む地域社会において

真の意味の平和を築く方法を追求する活動についての講演がありました。

最後に参加者全員が、平和の実現に向けて各自が行う具体的な取り組みを

「PEACE IS POSSIBLE」の紙に記入しました。

 11時30分からはGlobal Growth Institute 創設パートナーのウェイン・クラーク氏を

コーディネーターに「企業分野を関与させた世界的発展」をテーマとした

パネルディスカッションが行われました。

企業がどのような方法でUN SDGs(持続可能な開発目標)を推進し、

より良い世界を築く機会に関与することが出来るのか、

3名のパネリストにより各社の取り組みが紹介されました。

各国の参加者にとっても大変興味深い内容となり、

積極的な意見が飛び交いました。

 15時00分からは「2016年度JCIグローバルパートナーシップ決議文」

作成のためのセッションが行われました。

参加者がGPSを通して得た知識や見解を共有し、

アイデアを出し合い議論を重ねながら、

UN SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて

私たち青年が行動するための決議文を作成しました。

 

日本青年会議所 共感デザイン構築会議