• 日本
  • 2016.05.31
  • 1132

オバマ大統領、広島訪問からの密着取材をJCで支援!

5.27 この歴史的な日に、

新たなクラウドファンディングをスタート。
核なき世界を訴える海外向けドキュメンタリーを、
NHK報道番組ディレクターと製作します。
クラウドファンディングに成功すれば、
第65回全国大会広島大会にて、初公開。
共感を集めて、国際平和都市広島から、世界へ発信しましょう。

 

オバマ大統領、広島訪問からの密着取材をJCで支援!
 
5.27 この歴史的な日に、
新たなクラウドファンディングをスタート。
核なき世界を訴える海外向けドキュメンタリーを、
NHK報道番組ディレクターと製作します。
クラウドファンディングに成功すれば、
第65回全国大会広島大会にて、初公開。
共感を集めて、国際平和都市広島から、世界へ発信しましょう。
 
【ご支援よろしくお願いします】核廃絶の願いを世界に発信するプロジェクトが起案!
 
2016年5月27日、現職のアメリカ大統領として初めての被爆地・広島訪問。
 
オバマ大統領の広島到着から帰国するまで、密着取材を通して、
核兵器の実像と核廃絶への願いを世界に伝える報道番組を制作します。
皆さんと一緒に、ぜひアメリカやヨーロッパ・アジア各国など
国内外メディア(テレビ、新聞)を通じて世界へ発信したいと思います。
 
『祈る平和から、創る平和へ。』
 
71年後の今、謝罪を求めるでもない。強さ優しさしなやかさを兼ね備えた広島から、
世界へ発信したい。一般社団法人広島青年会議所の協力のもと、
JC地域創生投資にも掲載。1,800万円の資金調達を目指します。
 
一番低い支援金額で3,000円。日本国民の200人に1人、
合計6,000名の共感を得られれば、大きく発信することが可能です。
この取り組みに共感いただけるなら、まずはFACEBOOK等の
SNSにてシェア拡散にご協力お願いいたします。
一人でも多くの方にこの取り組みを知っていただけます。
そして、よろしければ3,000円からご支援可能ですので
お力添えをよろしくお願いいたします。
ご支援はコチラ▶https://faavo.jp/hiroshima/project/1363
 
▼製作・放送・広報体制
NHKワールドテレビ(アメリカやアジアなど世界約150の国と
地域の約2億8000万世帯で視聴可)及び本プロジェクト趣旨に賛同する
アメリカやアジア、ヨーロッパ各国放送局で放送。更に番組取材内容を
採録・編集記事化し、アメリカ・ワシントンポスト紙や英字紙JapanNewsへも掲載。
出来るだけ多くのメディアへ放送・掲載する交渉を広く展開していきます。
▼番組取材内容(予定)
1)5月27日、広島到着からオバマ大統領の動きに密着
2)オバマ大統領のスピーチ、会場にきている被爆者との会話
3)当日の広島の様子、市民たちへのインタビュー
4)大統領の広島訪問を願って長年運動を続けてきた被爆者らへインタビュー
5)平和祈念資料館紹介(広島平和文化センターほか)
6)核廃絶を願って活動を続けてきた市民たちの活動紹介
   (千羽鶴の運動、爆心地のCGによる復元映像制作者、原爆の絵運動 他)
7)大学の広島・長崎講座で被爆について学ぶ外国人学生へのインタビュー
8)日本全国・海外から寄せられた手紙、メール、声の紹介
など
※上記は5月27日時点の取材計画予定であり、
取材時の状況や編集の 方針等により内容が変更される可能性があります。
予めご了承下さい。
 
▼番組製作ディレクター(総指揮)紹介
山本博之氏(元NHKエグゼクティブ・ディレクター)
NHKで報道番組プロデューサー、ディレクターとして制作現場を歩く。
作品に、海外発信番組「Welcome to “Washoku”(ようこそ和食へ)」
(2014年、世界12のTV局で放送)、ドキュメンタリー「独立の夢を日本に賭けた男」(2013年)
ドキュメンタリー90’「安心をあげたい~えりも岬の母さん医師」
(1990年、ギャラクシhttps://faavo.jp/hiroshima/project/1363ー賞選奨)
NHK特集「ブリザードが村を襲った」(1985年)など。
ご支援はコチラ▶https://faavo.jp/hiroshima/project/1363

 

担当

次世代グループ トップランナー委員会

委員長 西岡徹人