• まち
  • 2016.01.01
  • 1816

一流料理長御用達の包丁がここに

料理を作る上で欠かせない存在の「包丁」

切れ味の鋭い最高級の包丁が、世界に誇る日本の料理を支えていると言っても

決して過言ではないでしょう

創業からこれまで料理包丁に拘りを持つ「中山商店」さん

元帝国ホテルの料理長が「世界一」と絶賛した包丁の名称は「重延(しげのべ)」

包丁職人だったご主人が他界した今、包丁を守り続けているのは奥様

このネット時代において、包丁も「通販型」が主流になりつつあるという

しかし、この中山商店でしか手に入らない包丁を求めて

全国各地から包丁を求めて、来客が後を絶たないという

世代を超えて愛される「包丁」

受け継がれた人たちがそれぞれの思いを持って後世に伝えようとして

今日もお店を切り盛りしています

 

「中山商店」

宮城県仙台市青葉区立町6-20