• 海外
  • 2016.06.14
  • 1182

今こそ民間外交の先駆者となれ!

日本と中国の双方がお互いの国を訪問し合い、

両国の若手リーダーが環境問題をテーマとして交流する

「日中友好事業」を実施いたします!

 

 

日中友好事業は訪中ミッションと招聘事業があります

①訪中ミッションでは、中国国際交流協会や在中国日本国大使館によるレセプションや

環境問題に関する勉強会を開催するとともに、

最先端の環境技術を導入した地方都市を訪問することで、

両国の協力の重要性と可能性を理解し、

今後の協力体制の強化を図ります。

 

②中華全国青年聯合会の訪日団招聘に際しては、

各地会員会議所と中国の地方青年聨合会と交流し、

日中両国の交流・友好の重要性について学ぶとともに、

若手リーダー同士がお互いを理解し合う機会を創出したいと考えております。

 

詳細は下記のとおり▼▼▼

 

 

*実施期間について*

【訪中ミッション】

2016年6月26日(日)~29日(水)(4日間)中華人民共和国北京市内

【招聘事業】

2016年7月11日(月)~15(金)(5日間)主に東京都内

 

【お問い合わせ先】

アジアネットワーク確立委員会

副委員長 渋谷俊彦

携帯電話090-3548-1555

E-mail:toshihiko. shibuya@chcsys.net

※両国間関係の状況により、急な日程変更や中止等の可能性を含む旨ご了承下さい。

 

(参考)

●中華全国青年聯合会(全青聯)とは

会員数3億8千万人の中国の青年団体の代表、中心は共産主義青年団、第5代主席

は胡錦濤前国家主席。

●中国国際交流協会とは

民間外交を推進するため、中国の諸団体、共産党、各界著名人、社会活動家、学者

が発起結成した組織。