• 日本
  • 2016.11.09
  • 668

日本青年会議所と大正大学が共同編集した雑誌を販売!

私たち地域再興会議ではデータに基づいた政策立案を推進して参りました。
しかし、自分が住む地域の課題は漠然と分かっていても、

それを具体的な数字で分析しようと思うと、

膨大な調査結果や資料と 格闘しなければなりません。
 そうした数字のハードルを解決してくれたのが、

「地域経済分析システム」(RESAS=リーサス)やオープンデータです。

このシステムを活用することで、容易に数字を利用した地域分析ができ、

それをベースとして地域の閉そく感、課題についてブレイクスルーする

政策立案へと繋げることができます。
ガイドでは、留萌JC、豊橋JC、香住JC、小野加東JC、糸魚川JC、

金沢JC、さつま出水JC、氷見JCなど全国のJCメンバーによる

リーサス活用政策提言事例を紹介している他、

地域分析を用いた政策立案のテクニックが学べる1冊になっています。
12月20日いよいよ発売!
是非ご購入いただければ幸いです。

また、毎号JCメンバーの取材記事が掲載される

大正大学出版「地域人」の定期購読もご案内申し上げます。

こちらも是非ご検討下さい。

◆「地域人」定期購読及び地域分析早わかりガイドのご注文はコチラ

 


<問い合わせ>
地域再興会議
総括幹事 峯嵜貴生 
℡:080-6557-7079
mail:mine-315@pc5.so-net.ne.jp