• ひと
  • 2017.03.10
  • 711

【未来を生きるプログラム】

シンギュラリティ研究委員会

~みんなの未来と人工知能~

 

近年、アンドロイド、AI(人工知能)の急激な進化により、本来、生みの親である人間及び社会がその変化に対応しきれていません。そこで、シンギュラリティ研究委員会では、これから予測される問題(2045年問題等)に備えて未来を担う子供たちに、教育プログラム【未来を生きるプログラム】実施しております。子供たちに、AI、ロボット歴史や、人間との関係性、倫理観を学んでもらう事を目標としております。

 

今回は、羽曳野市立高鷲南中学校

VBCMinamiKawachi,OSAKAバレーボール同好会さんに

プログラムを実施してきました。

参加者 子供達40名、保護者の皆様3名、コーチ1名

プログラム内容を真剣なまなざしで、聞いてくれる様子がとても印象的でした。

AIの歴史、AIにできること、これからのテクノロジーの可能性、特にAIが発展していく事での、倫理的な問題、それらを子供たちへしっかりと理解し学びとしていただく事でAIやロボットとの付き合い方を身に着けていただきます。

最後まで、プログラム参加してもらい、そのあとは、色々な質問が飛び交いまいした。子ども達のAI、ロボットへの関心の高さがうかがわれます。

みなさん、ありがとうございました。 _(._.)_

公益社団法人日本青年会議所 経済再生グループ シンギュラリティ研究委員会では、教育プログラム【未来を生きるプログラム】を実施させていただける方々(中学校、学習塾、中学生が集まるスポーツチーム)を募集しています。

【応募先・連絡先】

公益社団法人日本青年会議所

経済再生グループ

シンギュラリティ研究委員会

副委員長 小川 利幸

℡:090-5286-6126

mail: lotus.cr.ogawa@gmail.com

下記内容をメールまたは電話にてご連絡ください。

①応募者名、団体名

②住所

③電話番号

④メールアドレス