• 日本
  • 2016.10.26
  • 768

【平成28年熊本地震の支援活動について】

【平成28年熊本地震の支援活動について】

~平成28年熊本地震に係わる支援金の使用報告について~

活断層上に位置し、村の8割が家屋倒壊等の被害にあった西原村

その西原村の仮設住宅に、
2016年熊本地震災害支援金を活用して、
プランターの鉢植えを寄贈させていただきました。
空き地を整備して作られた仮設住宅は、
一面アスファルトの上に建設されているため、
とても殺風景でした。

現地を訪問した「うきは市社会福祉協議会」の方は、
このような住環境では避難所生活を終えて引っ越ししてきた
被災者の皆様の心も癒えないと考え、
かねてより親交のあった地元の一般社団法人浮羽青年会議所に
何かできないかと相談に来られました。
状況をお伺いした浮羽青年会議所より熊本ブロック協議会に対して
仮設住宅にプランターの鉢植えを設置したいとの提案があり、
西原村に300個のプランターを設置することになりました。

 

住人の方からは「殺風景だった仮設住宅がプランターを
置いてもらったことで明るくなり、心がとても安らぐよ」
と喜んでいただいています。

今後も、日本JCとして全国の皆様からいただいた支援金を
有効に活用しながら、復興支援活動を行って参ります。

<問い合わせ先>
公益社団法人日本青年会議所
未来へつなぐ委員会
副委員長 上野 巌