• 日本
  • 2016.10.13
  • 665

第65回全国大会広島大会 10/9 ダイジェスト

いよいよ第65回全国大会広島大会が始まりました!

10月9日(日)のファンクションをダイジェストでご紹介!

 

【広島大会記念事業 世界に広がれピースイズポッシブルデクラレーション】
10月9日(日)9時より、広島大会記念事業

「世界に広がれピースイズポッシブルデクラレーション」を開催致しました。

初めに、各国NOM会頭およびJCIの役員が平和記念資料館を視察致しました。

その後、JCI会頭パスカル・ディケ君、公益社団法人日本青年会議所会頭山本樹育君、

一般社団法人広島青年会議所理事長高見仁君による原爆慰霊碑に献花致しました。

また、国際会議場にて「“Peace is Possible”キャンペーン総括スピーチ」が開会致しました。

冒頭に、一般社団法人広島青年会議所理事長高見仁君、

公益社団法人日本青年会議所会頭山本樹育君より挨拶があり、

続いてJCI会頭パスカル・ディケ君が参加者及び世界中に

世界平和の実現に向けての考えを広島から発信しました。

 

 

【第65回全国大会広島大会 閉会式】

10月9日(日)10時45分より広島国際会議場(ダリア)にて、

閉会式が執り行われました。

主催者を代表して公益社団法人日本青年会議所会頭山本樹育君が挨拶し、

主管を務めた一般社団法人広島青年会議所、副主幹を務めた中国地区の

各地会員会議所を労うとともに「第65回全国大会広島大会に参加した

メンバー一人ひとりが、この大会を通して学んだことをそれぞれの地域で発信して欲しい」

と期待を寄せました。また、一般社団法人広島青年会議所理事長高見仁君からは

「広島での開催であるからこそ、平和ということにこだわり原爆資料館の隣を

メイン会場に選定しました。原爆投下後からの広島の復興こそが真の人間の力です。

平和へのメッセージも持ち帰ってください。」とご挨拶いただきました。

また、来賓としてご参列いただきました、

広島県知事代理広島県商工労働局産業労働部長海田智浩様、

広島市長代理広島市企画総務局連携推進担当部長石田芳文様からも、

広島での大会開催の御礼と成功のお祝いのお言葉をいただきました。

最後は、広島で活躍するシンガーソングライターヒッピー氏と子供たちとのダンスステージで閉会致しました。

 

 

【第65回全国大会広島大会 解団式】

10月9日11時30分より広島国際会議場(ダリア)にて、

解団式を執り行いました。
開会に先立ち、一般社団法人広島青年会議所の太鼓同好会が

和平機縁太鼓の力強い演奏でオープニングを飾りました。
続いて、一般社団法人広島青年会議所理事長高見仁君より

開催地LOMを代表してご挨拶をいただきました。
ここで、4日間の全国大会の振り返りとして

全国から集まったメンバーの活動の様子が大会の成功の軌跡として上映されました。
そして、大会の成功を祝して達磨の目入れ式が行われ、
公益社団法人日本青年会議所会頭山本樹育君の最後の筆入れの際に、

会場中から祝福の拍手が送られました。
最後に、第65回全国大会広島大会実行委員長沖本頼政君より、

準備期間を含め5年間の歩みを振り返り、大会の総括の挨拶をいただきました。

 

 

 

共感デザイン構築会議