• エンタメ
  • 2017.05.31
  • 4831

笑撃!俳聖・松尾芭蕉は生きていた!?

 

笑撃!俳聖・松尾芭蕉は生きていた!?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

私はサブカル大好きふじちゃん(*^^*)
昔から松尾芭蕉が服部半蔵であると言う都市伝説が気になっていて、GWを利用して、かつて松尾芭蕉が歩いたといわれる「おくのほそ道」をなぞって都市伝説が本当か検証をしているところ

 

 

「あれっ(。´・ω・)?あんなところに松尾芭蕉がいる・・・もしかして本物?」

 

 

ふじちゃんが話しかけようかかけないか迷いながらもじもじ( *´艸`)していると

 

(むう(`・ω・´)何やら視線を感じるのぅ・・・後ろからか!振り返りざまにビュン💨と接近してみるか・・・どれっ!💨)

 

 

 

うわっ。びっくりしたΣ(・ω・ノ)ノ!
(今のスピードはまるで忍者ね!?)

 

 

(ん?なんだ、ただの女の子ではないか・・・もしかして、忍法Bダッシュの術を見られて忍者だとばれてしまったか?ここは確認してみるか!!!)
うぉっほん。あのぉー、今日は観光ですか?」

 

(あれっ、意外と声が若いわ。本物の松尾芭蕉なら1644年生まれだから今だと373歳だから本人の訳ないよね。。。(・ω・)というか、ジジくさい仕草や話し方がなんか怪しいなぁ)
「はい!ちょっと調べものを兼ねて散歩しています。」

 

(最近は、サブカル好きの若者も増えたから、念のため、バレていないか探りをかねて様子をみてみるかのぅ)
「それはよかった♪ 私は服部半(; ・`д・´)💦・・・もとい。草加のたかちゃんですぞ。ちょうどよかった、これから私がここ草加松原を案内してしんぜよう(。◕ˇдˇ​◕。)/

 

(ええっ、服部半蔵って言いかけたよね!もし本物なら世紀の大発見ね!誘いに乗って正体を暴いて見せるわ!٩( ''ω'' )و)
「じゃあ・・・お願いしようかな?」

 

 

 

(とりあえず、歴史的な説明をして怪しくない地元の人と思ってもらうかの!)
「この草加松原は、江戸時代から「草加松原」「千本松原」などと呼ばれ、日光街道の名所なんですぞ。あの松尾芭蕉がおくのほそ道で草加の地を訪れたとされているのじゃ。それで、平成26年3月に国の名勝(おくのほそ道の風景地)に指定をされたんじゃよ!」

 

 

(あれっ、さっきは松尾芭蕉とか服部半蔵的な要素があったけど、今は特になにも感じないわ。勘違いかしら?)
「そうなんですね。そうそう、松尾芭蕉といえば、服部半蔵と同一人物だったという説もありますが、どう思われますか?(ΦωΦ)キラーン

 

ゲホッΣ(゚Д゚)
(ビックリした~いきなり何を言うんだこの女子は。全く疑いが晴れてないようじゃから忍法四次元ポケットの術で人力車を出して、気を紛らわせることとするか)
「いやーどうじゃろうかな~💦それは、ただの都市伝説じゃないかのぉ(*´ω`*)💦あっ、あれはなんだ?UFOじゃないか?それっニンニン!」

 

 

「えっ、どこどこ!ほんとだ!」

 

 

「ってそんな馬鹿な!」Σ(・ω・ノ)ノ!

 

おぉ!!ここに人力車があるぞい!せっかくだからこやつに乗って草加松原散策はいかがかな?シャレオツですぞ!」(決まったぁぁぁぁぁぁ!)(`・ω・´)

 


「いろいろ怪しすぎますが・・・。まぁせっかくなのでお願いします。」

 

 

「ほい。お疲れ様じゃったな。人力車はここまでですぞ。」

 

 

(あれ、さっきからチョコチョコみかけるこの人はなんだ?)
「あのーさっきから見かける草加って書いてある半纏を来た人って何者ですか?」

 

(おっ、話がそれたぞ!これはチャンスじゃ!)
「ああ、この方たちは、今度行われるお祭りの事前チェックをしている、草加松原夢祭り実行委員会の方ですぞ。実は、この人力車も普段はここに置いてないのじゃ。わしが四次元ポケッ・・ゲホゲホ((+_+))。。。今日はお祭りの事前チェックと言う事で、特別に用意してあるのじゃぞ!そっちの船着き場では、和船の乗船体験もしてるのじゃ。お、そうじゃ和船にも乗ってみないかね?それっニンニン!」

 

 

(ん?ニンニンってなんだろう?ニンニンっていうともわっ💨として何かでてきているのは気のせいかな?)
「って、一瞬で和船が登場してるっ!」

 

 

「えっ、忍術!?まさか、あなたは服部半蔵?」

 

「いえ、違いますよ!どうみても松尾芭蕉でしょうが!って、違う違う!草加のたかちゃんですよ。さっきも、説明したようにこの和船が急にでてきたように見えたのは角度の問題じゃ。まぁまずは落ち着くのじゃ。実は、その昔はこの綾瀬川の川面から松を眺めることができたと言われておっての。川を整備した時に川に入れなくなったので、今では新しい体験型観光として綾瀬川で和舟の乗船体験を月に1度だけ市民団体が行っているということじゃ。川面から眺める草加松原は、これまで味わったことのない草加の魅力が味わえると評判ですよのぅ。」

 

「へー、それで和船がここにあるのね。」

 

(和船にのった気分を味わえる忍法乗った気になるをつかって満足させて気をそらせよう!)
「そうじゃよ。ほら想像してみてみるのじゃ!和船に乗った姿をのぉ・・・ニンニン!💨」

 


画像は合成です。

 

(なんか、和船に乗ってスッキリした気分に…朝から何も食べてないからお腹がなりそう…)
「グー、ギュルギュル💨💨💨」

 

 

(ん?腹の虫がなっておるぞ?)
「少々小腹も減ったので、草加名物を堪能できる場所があるんじゃがいいかがかな?」

 

(おなかの音、聞かれたー😿)
「べ・・・別におなか減ってないけど、せっかくだから付き合ってもいいですよ?」

 

(では、またまたBダッシュの術を使うか・・・)
「あっ、またUFOじゃ!」

 

 

「えっ、どこどこ!ほんとだ!」

 

 

 

 

たかちゃんに連れられ、香ばしいにおいのする場所にきたふじちゃん。

 

(あれ?なんかすごい距離を一瞬で移動したような・・・そんなことよりおなか減りすぎて気絶しそう・・・。)

 

「ここでは手焼きせんべい体験ができるんですぞ。草加といえば、草加せんべいじゃ。聞いたことはあるかの?」

 

「聞いたことはあるけど、食べたことはないです。」

 

「了解じゃ!お店のせんべいも美味しいんじゃが、自分で焼くとまた違う美味しさがあるからのぉ。今日は手焼きせんべいを体験してみるがよいぞ。」

 

 

 

 

(おなか一杯になって、落ち着いたから冷静になってみると、さっきからおかしなことばかり続いている気がする・・・。)
「もぐもぐ( *´艸`)おいしー

 

「それはよかったのぉ( ^^) _旦~~

 

「手焼きせんべい体験をしてたら随分時間が経ってしまったわ。」

 


「まだまだこれからですぞ、それニンニン!あっ!あれはなんだ!」

 

 

「えっ、また!?ほんとだ!」

 

 

 

 

(あれっ、いつの間にか草加松原に戻ってる。。。)
「しかも真っ暗になってるし(。´・ω・)?どうなってるの・・?すごく暗いわ」

 

夜の草加松原の写真

 

「しばらく目をつぶってるのじゃ。わしが開けてよいと言うまで待ってくれよ!」

 

「えー・・・なになにこわいんですけど💦

 

「今じゃ!目を開けるのじゃ!」

 

夜の草加松原の写真

 

「うわー、きれい~( *´艸`)♥♥♥

 

「松並木は昼間だけじゃなくて夜も観光資源として魅力があるのじゃぞ。その魅力を存分に引き出すためにライトアップをして、非日常的な松を演出してるのじゃ。綾瀬川の対岸からも素晴らしいものが見れるぞい!」

 

夜の草加松原の写真

 

「この松のライトアップは2015年公益社団法人草加青年会議所草加松原夢祭りとして始めたんじゃ✨✨✨草加市にはお祭りが沢山あるんじゃが夜のお祭りは少なくてのぅ、2014年に草加松原が国の名勝に指定されたのを記念し、市内外に告知すべく、名勝指定記念事業として行ったのがはじまりじゃ。」

 

「へぇー、これってJC(青年会議所)が始めた事業なんですね♪」

 

「そうなんじゃ、JC(青年会議所)が地域の課題に着目し、運動を通じて改善しようとしたんじゃよ。ライトアップをメイン事業にしたのは、草加松原の夜間景観の魅力を伝えたいという想いもあったんじゃが、当時の草加松原は照明が少なくてな、ライトアップを通じて行政に照明の増設を促す運動をしたんじゃよ。」

 

「そうなんですね、ライトアップをするだけでなく、ライトアップを通じてまちづくりをするなんてすごい!」

 

「そして、その運動の重要性と草加松原夢祭りの有用性が認められ、照明を毎年増設し、草加松原夢祭りも単年度で終了する予定じゃったんじゃが、行政と共同で継続して行っていくことになったんじゃ。今の草加松原夢祭りは、公益社団法人草加青年会議所の有志と市民によって、草加松原夢祭り実行委員会が結成され、継続して運動発信が行われているんですぞ(。◕ˇдˇ​◕。)/

 

「毎年この草加松原夢祭りは多くの来場者がきて、存分にこの松を楽しんでいくのじゃ!」

夜の草加松原の写真

 

夜の草加松原の写真

 

夜の草加松原の写真

 

「草加松原夢祭りについては、下記の公式ホームページURLをクリックじゃ!」

草加松原夢祭りHPへのリンク

「それになんと今年は、今話題のプロジェクションマッピングに挑戦し、風情のある松並木の魅力をさらに引き出し、松の新たな一面を伝えられるような演出を予定しているぞい

夜の草加松原の写真


画像はテスト用の演出です。実際に行われるものとは異なります。

 

「おもしろーい♪♪♪

 

「これで今日の観光案内は終わりじゃ。楽しんでもらえたようで何よりじゃ。で、今日の観光の感想を伺いたいのじゃが、どうかのぅ?」

「どれもすごく風情があって楽しかったので、甲乙つけがたいんですが、人力車体験和船乗船も昼の松並木を堪能出来てとてもいいと思います。個人的には手焼きせんべい感動しましたが、夜のライトアッププロジェクションマッピングは別格でした。是非、草加松原夢祭り当日はまた来たいです♪」

 

「それはよかった!7月1日2日の草加松原夢祭り本番はたくさんの来場者が来る予定なので活気もありますぞ!
朝から夜まで草加松原の雰囲気を楽しめるので、ぜひ遊びに来るのじゃぞ!」

 

「はいっ友達と一緒にきます!」

 

ふじちゃんと別れて一人になったたかちゃん

 

「ふう(`・ω・´)💦💦💦危なく正体がばれるところであったのぅ。さて、次の宿場町へと急ぐとするか・・・」

 

夜の草加松原の写真

 

 

 

夜の草加松原の写真

 

7月1日(土)2日(日)は埼玉県草加市にて第3回草加松原夢祭りを開催します!どなた様も大歓迎!

草加松原夢祭り公式ホームページ
http://yume-soka.com/

草加松原夢祭り公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/yumesoka/