• 日本
  • 2016.10.05
  • 639

伊勢志摩サミットを受け「WIT2016」開催!

 

 

2016年9月23日(金)鈴鹿サーキットにて『Women in Innovation Summit(WIT)2016』

(主催:三重県)が開催されました。

WITは「あらゆる分野における女性の活躍」をテーマにした国際フォーラムです。

このフォーラムは内閣府(男女共同参画局)、外務省、農林水産省、

経済産業省の後援を受け、そして我々、公益社団法人日本青年会議所は協力という立場で、

参加させて頂きました。

当日は約400人が無料で参加しました。



フォーラムの冒頭では、鈴木英敬三重県知事が「三重県はもともと女性が

活躍してきた歴史があり、現在でも様々な女性の活躍がみられます。

伊勢志摩サミットが実施されたことを受け、ここ三重県から本イベントを契機として、

女性の活躍推進の一層の気運醸成を測ると共に、

新たなムーブメントを広げていきたいと考えています」とご挨拶されました。


さらに、キャロライン・ケネディ駐日米国大使から、本フォーラムへ、

「今、日本は刺激的な時代にあります。

新しい役割を担い新しい旧来の期待に反発し、

自らの能力を証明する女性達に日々触発されています」などの

ビデオメッセージがありました。



フォーラムの内容としては、地域と女性の力で切り開く未来についてのキーノートセッションや

ダイバーシティ経営戦略についてのパネルディスカッション、

今話題の「リケジョ」や「農業女子」に代表されるような最先端科学・技術分野において

活躍する女性のセッションが行われ、様々な分野における女性の活躍の可能性を提示し、

これからの時代に求められる新しい生き方、働き方を具現化していくための

重要なキックオフのイベントとなりました。

 

鈴鹿サーキット内のコースにおいて、ご希望された一般参加者は女性プロドライバーに

運転してもらい、または自分で運転し、いつもTVで見ているあの鈴鹿サーキットを

走行することができました。ピットでは、最新テクノロジーのドローンやロボットなどの展示がされており、

実際に操縦することができ、最新テクノロジーを身近に感じることができる体験となりました。

 

 

女性の活躍に繋がる新しい働き方のモデルについてのアワード『STAR SHOW』が

フォーラム後半に実施されました。応募82件の中から、ファイナリストに残った10名が、

各自5分のプレゼンテーションを行い、審査員とオーディエンスによる投票で「オーディエンス賞」、

「イノベーション賞」「IBM賞」「PR TIMES賞」、そして「みえモデル賞」が決定されました。

「みえモデル賞」には、『農×福×観 地域資源活性プロジェクト』をプレゼンした

井上さんが見事受賞しました。井上さんのプレゼンテーションには、

逆境を撥ねかえすパワー、何事にも前向きに取り組んでいくことの大切さ、

周りを照らすことができるくらいの輝きを感じました。



最後に、本フォーラムの成果として、鈴木英敬三重県知事と

参加者一同による『Women in Innovation Summit(WIT)2016 共同宣言』が宣言されました。

 

担当 次世代グループ トップランナー委員会

   副委員長 山本一統