• 日本
  • 2016.09.15
  • 593

平成28年熊本地震の支援金使用報告の件

平成28年熊本地震の支援金使用報告の件


活断層上に位置し、村の8割が家屋倒壊等の被害にあった

西原村の仮設住宅に行きました。


その西原村の仮設住宅に、西原村社会福祉協議会の要請により、

熊本地震災害支援金を使用し、

8月2日にプランターを寄贈させていただきました。

 


経緯につきましては、空き地を整備して作られた仮設住宅は、

一面アスファルトの上に建設され殺風景でした。

このような住環境では、避難所生活を終え、

引っ越ししてきた被災者の皆様の心も癒えないだろうと、

うきは市社会福祉協議会の職員が、予てより親交のあった

一般社団法人うきは青年会議所の児玉理事長へ相談され、

趣旨に賛同された児玉理事長の提案により、

支援金を使用したプランター寄贈が行われました。
住人の方からは

「元は殺風景だったがプランターを置いてもらったことで心が安らぐ」

と喜んでいただいておりました。
 
今後も、全国の皆様から頂いた支援金を有効に活用してまいります。

 

共感デザイン構築会議