• 海外
  • 2017.11.08
  • 172

JCI世界会議 アムステルダム大会 報告 2日目

JCI世界会議 アムステルダム大会
11月7日(火)

■モーニングショー
現地時間9:00よりモーニングショーが盛大に開催されました。世界が直面している課題を参加メンバーで共有し、解決の糸口を図るきっかけ作りとなりました。一日の幕開けに相応しい活気のある会でした。

■JCI副会頭立候補者スピーチ・コーカス
10:15より、JCI会頭立候補者スピーチ・コーカスが開催され、15名の立候補者がスピーチを行いました。日本JCからは大阪JCの小嶋隆文君がスピーチを行い、JCIメンバーが活動すれば世界を変える事ができるという力強いメッセージを発信し、盛会のうちに閉会しました。11月8日に開催される総会IIにおいて選挙が実施されます。

■総会Ⅰ
14:30より、PTAにて総会Ⅰが開催されました。世界会議には、116ヵ国の参加、日本からは1,358名の登録があったとのことです。会頭報告では、各国の会頭より、ドーン・ヘッツェル会頭に1年間の感謝の気持ちが伝えられ、大きな拍手に包まれました。そして、「2017年度 JCI国際アカデミー熊本」の報告も無事終了しました。

■日本JC会頭招待レセプション
 19:00より、青木会頭が世界各国のNOM会頭をお招きし、日本JC会頭招待レセプションが開催されました。青木会頭の挨拶に始まり、ご来賓からの祝辞を賜り、山本直前会頭の乾杯の挨拶でレセプションがスタート致しました。「2018年度 JCI国際アカデミー姫路」「2018 JCI ASPAC鹿児島大会」のPRも行われ、終始賑やかなレセプションとなりました。