• 日本
  • 2018.04.20
  • 203

【「建設業」 ミラクルテクノロジーマッチング交流会in陸前高田 開催報告】

4月6日(金)「建設業」ミラクルテクノロジーマッチング交流会in陸前高田を近隣エリアの建設業経営者及び役所、建設業経営者、約50名の皆様にご参加いただき、最先端技術を活用した生産性の向上を目指し、開催致しました。

陸前高田市は、震災復興計画に基づき、現在も大規模な嵩上げ工事や、 災害公営住宅などの建設を進めているなか、少子高齢化、人口減少が続いており2015年には人口が2万人を切っております。まさに、新たな技術の導入により建設業の生産性向上を実現させ、震災をきっかけとして市外へ転出された方の帰還・帰郷や、新たな移住を十分に受け入れられる体制としなければなりません。

今回、下記の3社に商品・サービスのご紹介をいただきました。

西尾レントオール株式会社
3次元テクノロジー(3Dスキャナ、ドローン写真測量)を用いた最新計測及びマシンコントロールおよびマシンガイダンスのお話をしていただきました。

株式会社スカイマティックス
ドローンで撮影された地形情報を確認できるクラウド測量サービス「くみき」についてご紹介いただきました。ドローン初心者であっても、クラウドサービスに画像をアップロードするだけで、オルソ画像・DSM・点群(3D)データを自動で生成できます。使用頻度や容量に応じて、月額3,000円~100,000円でクラウドサービスを利用でき、建設業だけではなく、農業、施設維持管理など様々な業種で活用できるとお話をしていただきました。

株式会社アイサス
建設現場から生まれた本当に使えるクラウド型情報共有システム「information bridge」をご紹介していただきました。多くの建設現場で行われていた発注者と受注者の書類のやり取りは、膨大な資料と時間を要していました。「information bridge」を活用することにより、試算によれば月約2日分の業務効率改善が可能となり、建設現場の週休2日制への後押しともなるお話をしていただきました。

次回は5月に「不動産業」ミラクルテクノロジーマッチング交流会in金沢が開催されます。引き続きよろしくお願い致します。

希望の業種をお伝えいただき、参加人数を50名ほど集めていただければご訪問の上マッチング交流会を開催させていただきます!(日程・場所は要相談)ご興味を持たれた方は下記お問い合わせまでご連絡ください。全国どこにでも伺います!

<お問い合せ先>
担当 副委員長 番匠 勇介
E-mail:2018gijyutsukaihatsutoushisuishin@googlegroups.com

公益社団法人 日本青年会議所
2018年度 日本創生グループ
技術開発投資推進委員会
委員長 石黒 真司