• 日本
  • 2018.05.21
  • 96

【企業支援プラットフォームより『地域未来投資コンテストファイナリスト紹介~WHATNOT:株式会社イトー~』】

3月24日(日)に域未来投資コンテストのファイナリストが決定しました。サマーコンファレンス2018に向けてファイナリストに対し事業創造(政府施策の活用・企業マッチング等)の観点からフォローを続けております。ファイナリストの中から地場産業(金物)の普及に向けたビジネスプランを計画された「WHATNOT:株式会社イトー」の進捗状況を紹介します。

 

【ビジネスプラン内容】
兵庫県三木市は日本有数の大具道具などの金物の産地でありますが、建築工法の変化や一般ユーザーへの認知不足の影響もあり伝統技術が衰退に向かっている現状があります。そこで、「WHATNOT」というブランドを通じ、三木金物を含めた道工具の認知普及を図っていきます。

 

【現状における課題】
先日店舗をOPENし既に認知向上を進めており、今後市内の保育園などに対して道工具の使い方を教えていくイベントなども開催する計画を立てています。課題は、自社で商品開発をしていくにあたり、一般ユーザーへの認知向上方法の検討や他社との差別化、三木市とのマッチング検討やSNSでの有効的な情報拡散、具体的なマーケティング戦略です。

 

【課題解決に向けたJCの関わり】
課題に対してJCメンバーのネットワークを活かした情報拡散(SNS含む)、道工具を使用した体験価値を最大限に広げられるマーケティング戦略などでのサポートを行っていく予定です。

 

事業創造会議ではコンテストファイナリストに対して「企業支援プラットフォーム」を通して、事業化及び事業の成長に向け支援を行っております。支援事例を通して、事業創造につながる支援内容を全国のJCメンバーにも発信して参ります。

 

企業支援プラットフォームでは、素朴な疑問、相談、大歓迎です。

お気軽に問い合わせ下さい!

企業支援プラットフォーム

https://www.facebook.com/kigyousienplatform/?ref=bookmarks


「問い合わせ先」

事業創造会議 企業支援プラットフォーム担当 西村 佳哲

kigyousienplatform@gmail.com

 

公益社団法人 日本青年会議所

2018年度 日本創生グループ

事業創造会議

議長 植田 雅人