• 日本
  • 2018.05.21
  • 190

【企業支援プラットフォームより『事業承継補助金のポイント③』のお知らせ!】

企業支援プラットフォームでは、皆様の事業に役立つ補助金をはじめとする有益な最新情報を発信、活用のサポートを行っています。

 

4月27日(金)に公募開始となりました、平成29年度補正予算「事業承継補助金(後継者承継支援型~経営者交代タイプ~)」ですが、最後に申請書の書き方のポイントを具体的に紹介させていただきます。

事業承継補助金パンフレットはこちら↓
https://www.shokei-29hosei.jp/docs/pdf/shoukei_leaflet.pdf

 

これまで紹介してきた要件以外に、「地域に貢献する者・事業であること」という項目があり、事業計画書を作る際に表現が難しいポイントとなるのでご紹介させていただきます。


申請書の様式1・別添 後継者承継支援型には、「地域への貢献度合いを測る要素」として、
「地域の雇用の維持、創出などにより地域経済に貢献している。」
「所在する地域又は近隣地域からの仕入(域内仕入)が多い」
「地域の強み(技術、特産品、観光、スポーツ等)の活用に取り組んでいる。」
など、6項目があり、該当する項にチェックを入れ、その内容について記述するようになっております。

申請書の書き方としては、いかに「具体的に」「簡潔に」「わかりやすく」書けるかが重要なポイントです。そこでおすすめしたいのが画像や表などを入れて、見やすくしていく方法です。
例えば、会社が地域に対してどのような貢献をしてきたかについては、
その様子がわかる写真を挿入したり、例えば上記の、「地域の雇用の維持、創出などにより地域経済に貢献している。」ということであれば、地域の雇用人数を表やグラフでまとめて書いたりするとわかりやすくて良いと思います。また、書き方ですが、「〇〇という会社の強みを活かして〇〇という事業を展開し、地域に貢献している」という内容で、ストーリー仕立てで書きましょう。
そこに第三者からの評価などが具体的に示せればなお良いでしょう。

 

事業承継補助金は、今回の公募に加え7月からはM&Aタイプも公募を予定しており、これからの社会課題にもマッチした要注目補助金です。
事務局URL
https://www.shokei-29hosei.jp/

 

企業支援プラットフォームでは、素朴な疑問、相談、大歓迎です。

お気軽に問い合わせ下さい!

https://www.facebook.com/kigyousienplatform/?ref=bookmarks


「問い合わせ先」

事業創造会議

企業支援プラットフォーム担当 西村 佳哲

kigyousienplatform@gmail.com

 

公益社団法人 日本青年会議所

2018年度 日本創生グループ

事業創造会議 

議長 植田 雅人