• 日本
  • 2016.08.12
  • 300

ものづくりへの理解を深めよう!

尼崎オープンファクトリー

尼崎の繁栄の原点「工都」をめぐり、ものづくりへの理解を深めよう!

 
尼崎市は、高度経済成長期において、阪神工業地帯の中核を担う工業都市として、
「工都」と号していました。
 
南部地域に立ち並ぶ工場群の煙突は、
尼崎市のシンボルであり、尼崎市民の誇りでした。
ところが、近年、大規模な工場の移転が相次ぎ、
工場跡地の宅地化の進展により、
むしろ大阪市への通勤のための住宅都市というイメージが強まっています。
しかし、現在もなお尼崎市の工場は、
高度な技術により社会的に有用な製品を作り出していたり、
あるいは従業員が創意工夫をしながらいきいきと働いていたりする、
尼崎市民の誇りとなる場所であることに変わりありません。

そこで、尼崎市の繁栄の原点である「工都」に立ち返り、
まちづくりの核となる地域資源として「ものづくり=工場」に光を当てるべく、
「尼崎オープンファクトリー」を開催します。
 
詳細はチラシをご確認ください。
 
 
 

参加をご希望される方は、チラシを印刷していただき、
お申込みフォームに必要事項をご記入の上、
当会議所宛にFAXまたは郵送にてお申し込みください。
申込締切の8月22日に抽選し、当選された方にのみご連絡します。

参加費は無料です。
 
尼崎市の工場を見学することができるまたとない機会ですので、
多くの方のご応募をお待ちしております。
 
よろしくお願いいたします。
 
日時:2016年9月24日(土)
受付時間:09:00~ 
開催時間:09:30~16:00
場所:尼崎市立琴ノ浦高等学校 南門
住所:〒660-0826兵庫県尼崎市北城内47-1
 
【お問合せ】

兵庫ブロック協議会(兵庫県)

JC運動発信委員会

楠本 拓也

t-kusumoto@nittaku.cc