• 海外
  • 2018.08.18
  • 534

【日中友好事業2018 招聘ミッション「日中青年経済フォーラム」開催の報告】

7月20日(金) 9:00~11:00、東京都文京区の日中友好会館大ホールにて、「日中青年経済フォーラム」を開催致しました。 

開会宣言において、公益社団法人 日本青年会議所 会頭 池田 祥護君より、先人が今までの日中友好関係を築き上げ本フォーラムが開催できたことに感謝を伝え、中華全国青年聨合会 副主席 汪 鴻雁氏からは、中国の経済の状況とともに、「中日の青年経済人がお互いを尊重し、発展していきましょう」と激励のお言葉をいただきました。

 

第1部の講演では、講師として、日立製作所を哲学とリーダーシップに基づいた改革によって業績のV字回復のみならず、過去最高利益を生み出すまでに業績を伸ばされた、川村 隆氏をお招きし、企業にイノベーションを起こし、次世代へとつなぐ決断のできるリーダーとしての思考や哲学をお伝えいただきました。企業家である参加者の皆様に共感を得るものとなりました。

 

第2部のパネルディスカッションでは、日中平和友好条約締結40周年、公益社団法人 日本青年会議所として日中未来友好協定5周年の節目を迎える中で、パネリストで日中双方を今後リードしていく中華全国青年聨合会 副主席汪 鴻雁氏、中国青年企業家協会 副会長、 一般社団法人 日本JC日中友好の会 会長 相澤 弥一郎先輩、公益社団法人 日本青年会議所 会頭 池田 祥護君、コーディネーターに毎日新聞社 坂東 賢治氏をむかえパネルディスカッションを行い、中国と日本にとって有益な関係を維持していくにはどうするべきか、青年経済人という立ち位置、及び政治の部分についてお話しいただきました。

 

最近の中国情勢、今後の日中経済、労働人口減少の課題や、急速なIT化が加速する中国の政策について、私たち青年経済人が当事者意識をもってどのように対応すべきかを考える非常に有意義な時間となりました。

公益社団法人 日本青年会議所

2018年度 国際グループ

アジアアライアンス構築委員会

委員長 田島 亜子