• くらし
  • 2018.09.13
  • 158

【「西日本豪雨 被災地復興支援活動」について】

8月29日(水)、30日(木)に道徳教育推進員会・安全保障確立委員会・教育再生会議3委員会合同で、平成30年7月豪雨で被災した岡山県倉敷市の幼稚園を訪問させていただきました。

 

倉敷市は未だ避難所生活をされている方も多く、ボランティアの方も含め、多くの方が復旧に向けて活動をされています。

今回は、復旧活動をされているご家庭の託児所として支援されている、岡田幼稚園、薗幼稚園にいらっしゃったお子様、先生を対象に支援の一環としてかき氷を配るとともに、3委員会の各プログラムを行ってまいりました。

 

教育再生会議は「にっぽん歴史ばなし紙芝居」により国の成り立ちを、安全保障確立委員会は「アンポカードゲーム」による国の安全について、道徳教育推進委員会は全国の教育事例が学べる「全国教育事例かるた」を実施しました。

 

子どもたちは元気いっぱいで、先生たちも活き活きと活動されていましたが、被災の影響で夏休みなのに遊びに行けなかった、この夏かき氷を食べる機会がなかった、という声も多く聞きました。

この取り組みが子供たちにとって、この夏の寂しい思い出だけではなく、楽しい思い出のひとつとして加わってくれれば幸いです。

 

引き続き、公益社団法人 日本青年会議所は、物資面、金銭面だけではなく、トータル的に被災地に心を寄せて活動して参ります。

 

公益社団法人 日本青年会議所

2018年度 国家戦略グループ

道徳教育推進委員会

委員長 上野 慎一郎