• くらし
  • 2016.11.24
  • 924

次世代エネルギー事業創出事業が「月刊事業構想」に掲載!

持続可能な地域の発展とは?

事業構想大学院大学協力のもと行われた研究会の内容がまるわかり!

 

本年度サブシステム構築委員会が展開してきた、

再生可能エネルギーを用いた持続可能な地方の発展のための

地域エネルギー事業。岩手・花巻市、
沖縄・宮古島、京都・亀岡の3都市をモデルに

さまざまな手法で運動を行ってきました。

その1つである花巻市でのモデルケースが「月刊事業構想」に掲載
されました!花巻市ではりんご農家の剪定枝に注目し、

今まで廃棄されていたいわゆる「ゴミ」を価値あるものに変換し、

環境にやさしい、そして新たな再生可能エネルギーという事業を

創出することで地域の発展に寄与することを目標に

1年間の運動としてきました。

日本の地方にはまだまだ私たちが気づいていない価値あるものが眠っている

可能性を秘めています。

まさしく、本年の日本青年会議所が掲げてきた「パラダイムシフト」を

起こせるかどうか、ぜひ月刊事業構想にて必読ください!

▼▼記事はこちら▼▼

 

公益社団法人日本青年会議所

次世代グループサブシステム構築委員会

広報幹事 高山 翔平

bow.wow19891108@gmail.com