過去の受賞者INTERVIEW

賞に甘えず、自分自身の魅力を磨き、『心に響く歌』を歌い続けたい。

大野 靖之

賞に甘えず、自分自身の魅力を磨き、『心に響く歌』を歌い続けたい。

2008年度 人間力大賞「グランプリ」
内閣総理大臣奨励賞 人間力開発協会奨励賞

大野 靖之さん

千葉県印西市出身。1982年4月19日生まれ。シンガーソングライターを目指し、高校生の時から路上ライブを始める。ストレートに心を揺さぶる歌声、人間本来の不変のテーマを力強く、繊細に表現した楽曲は既に約350曲以上を数える。その作風により教育関係、各地各校でのライブ活動へと発展。“歌う道徳講師”として新聞・テレビなどの各メディアで注目される。2005年「心のノート」でメジャーデビュー。同年、千葉県教育委員会から非常勤講師の辞令を受ける。株式会社オフィスコットン所属。

賛同者が増え活動が一気に加速。

金城 浩二

賛同者が増え活動が一気に加速。

2007年度 人間力大賞「グランプリ」
内閣総理大臣奨励賞 環境大臣奨励賞

金城 浩二さん

1998年、独学でサンゴの移植について研究を開始。2002年に沖縄北谷漁協と共同で、サンゴの移植に取り組み、1年半の間に500本のサンゴを北谷沖に移植する。また、2006年にはNPO法人アクアプラネットを設立し、ボランティアメンバーとともに、サンゴの移植を通して沖縄の海だけでなく、地球を救うための活動を続けている。

信頼感が増し多くの応援者が全国に。

村田 早耶香

信頼感が増し多くの応援者が全国に。

2006年度 人間力大賞 衆議院議長奨励賞 NHK賞

村田 早耶香さん

2001年の東南アジアNGO訪問を機に、カンボジアの児童買春問題を実感。NGOと連携し、職業訓練と雇用により家庭の収入を向上させる収入向上プロジェクトを開始する。そして、NPO法人かものはしプロジェクトとして、貧しい家庭出身の子ども達にパソコン教室を提供し、タイピングの基礎をはじめデザインやWEB制作などを教える活動を続ける。

JCを通じ更に活動が飛躍。

窪田 真弓

JCを通じ更に活動が飛躍。

2005年度 人間力大賞 環境大臣奨励賞

窪田 真弓さん

エコロジー先進国であるドイツの事例に習い、いち早くリユース食器に着目。地元企業や大学などと連携して、全国ではじめてリユース食器レンタル事業を始める。地元山梨県の映画館における、使い捨てカップの減量「やまなしエコシネマプロジェクト」をはじめとした、さまざまなプロジェクトをコーディネートする。全国各地へ食器を貸し出し、大量のゴミを減量するべく活動を続けている。

受賞した誇りを糧にこれからも夢を追いたい。

佐々木 厚 さん・中村 清美

受賞した誇りを糧にこれからも夢を追いたい。

2004年度人間力大賞 参議院議長奨励賞

佐々木 厚 さん・中村 清美さん

2002年、ギター・ボーカル担当のアツシ(佐々木厚)と、サインボーカル担当のKiyo(中村清美)の二人によりユ ニット「アツキヨ」を結成する。アツシの魅力的な歌声とギターが生みだす『聴覚的魅力』、そして聴覚障害を持つKiyoが全身を使って表現するサインボーカルの『視覚的魅力』により、観る者、聞く者に感動を与える。2004年5月、DVD「みんなの声が聴こえる」、 CD「ごあいさつ/ふりかけの歌」同時発売で日本クラウンよりメジャーデビュー。明るく楽しい「ファミリーミュージック」として、幼児から高齢者ま で幅広く受け入れられている。

こんな時代だからこそ、躊躇せずにチャレンジ。

ヒダノ 修一

こんな時代だからこそ、躊躇せずにチャレンジ。

2004年度人間力大賞 地球市民財団特別賞

ヒダノ 修一さん

クラシック打楽器を岡田知之、有賀誠門、永曽重光各氏に、長唄囃子を故・藤舎せい子氏に師事。同時に世界各国の民族音楽を独学で修得する。1989年のソロ活動開始以降、国内および世界24ヶ国で約1,900回以上の公演を行う。唯一無比のテクニックを駆使した独自の演奏スタイルは、世界各国の共演者や観客を圧倒。世界ツアーをはじめ、イベントの音楽演出やテレビ・ラジオへの出演など、幅広く活躍する。数々の功績が認められ、横浜文化賞奨励賞(01)、神奈川文化賞未来賞(02)を受賞。

これからも「人間力あるひと」を目指す。

中村 崇

これからも「人間力あるひと」を目指す。

2003年度人間力大賞 衆議院議長奨励賞

中村 崇さん

リハビリテーションの啓発・啓蒙に力を注ぎ、身近な地域から地道に普及・浸透するべく活動を続ける。「リハビリテーション、地域づくりの夢、ふれあいの大切さ」について数多くの講演を行い、時には音楽で、時には運動で、ありとあらゆる伝達方法を駆使して伝えている。2003 年、NPO法人佐久平総合リハビリテーションセンターを設立。地域のバイパス集団として、特に医療、保健、福祉の分野において住民、行政、企業の「ふれあいリハ
ビリ活動の推進」を行っている。

地元青年会議所との「協働」から更なる飛躍へ

鬼丸 昌也

地元青年会議所との「協働」から更なる飛躍へ

2002年度人間力大賞 外務大臣奨励賞

鬼丸 昌也さん

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事長。2001年、カンボジアの地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」を目指すNGO「テラ・ルネッサンス」を設立。カンボジアでの地雷除去支援・義肢装具士の育成、日本国内での平和理解教育、小型武器の不法取引規制に関するキャンペーン、ウガンダやコンゴでの元・子ども兵の社会復帰支援事業を実施する。主な著書に『こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した』(こう書房)、『ぼくは13歳 職業、兵士。』(合同出版)などがある。

社会的認知を得て、自信にも繋がりました。

実吉 威

社会的認知を得て、自信にも繋がりました。

2001年度人間力大賞 衆議院議長奨励賞

実吉 威さん

特定非営利活動法人市民活動センター神戸専務理事・事務局長。1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに市民活動を開始する。人と人が出会い、つながり、また人をつなげるNPO、NGOの活動に限りない魅力を感じ、その基盤整備に取り組む。主な事業は、コンサルティングと情報発信、調査研究と政策提言、NPOの共同オフィス運営、フェアトレードショップの運営など。